【山口】おすすめの注文住宅業者・ローコスト住宅メーカーランキング!お得に高品質なマイホームを建てたい方は必見!

安く注文住宅が建てられるローコスト住宅とは?

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/11

山口県内で注文住宅を建てたいものの、できるだけコストを抑えたいという場合に候補に挙がるのがローコスト住宅です。ローコスト住宅は文字通り低価格で建てられる住宅のことですが、一般的な注文住宅と何が違うのでしょうか。今回は、山口県内で注文住宅を検討している方に向けて、ローコスト住宅とはどんな家なのかについてご紹介していきます。

ローコスト住宅とは?一般的な注文住宅よりもどの程度安いのか

ローコスト住宅とは、文字通り低価格で建てられる住宅のことを指します。明確な定義があるわけではないため、ハウスメーカーや工務店によって価格にバラツキはあるものの、一般的には総額で1,000万円台、もしくは坪単価が30~50万円ほどで建てられる住宅がローコスト住宅と呼ばれています。

坪単価とは、よく注文住宅を建てる際の費用の目安として使われる数値で、建物の延床面積1坪(約3.3平米)あたりの建築費のことです。では、総額が1,000万円台、坪単価が30~50万円ほどという価格は、一般的な注文住宅と比べるとどの程度安いのでしょうか。

住宅金融支援機構がフラット35の利用者を対象に行った2019年の調査を見てみると、注文住宅(土地)を建てるためにかかる建築費用は全国平均で3,454万でした。また、住宅面積の平均は125.8平米(約38坪)だったので、これらの数字から坪単価の全国平均を計算すると、およそ90万円になります。

なお、この調査結果はフラット35の利用者を対象にしたものなので、実際の建築費用や坪単価とは異なる可能性があります。加えて、山口県は首都圏などと比べると坪単価が安くなる傾向があるので、全国平均の約90万円という坪単価はあくまで目安となる数字ではあります。しかし、一般的な注文住宅と比べて大幅に安い価格で建てられることは伝わるかと思います。

なぜローコストで家が建てられるのか

ローコスト住宅は一般的な注文住宅よりも大幅に安い価格で建てることができますが、安いといっても決して品質が粗悪な家ではありません。山口の建設会社のローコスト住宅は、そのほとんどがハウスメーカーや工務店が決めた間取りやデザインなどの選択肢の中から、好みのものを選択して建てる規格住宅となっています。ベースとなる仕様があらかじめ決められた住宅なので、さまざまなコストをカットでき、その結果低価格な住宅を実現しています。

ローコスト住宅でカットされているコストとしてまず挙げられるのが、材料費です。家を建てるための材料や設備のグレードをある程度規格化して、一度に大量仕入れすることで材料費のカットを図っています。そして、仕入れた材料は工場で決まったサイズに加工されて現場へと運ばれるので、大工が現場で木材などの加工をすることがほとんどありません。現場での作業についてもマニュアル化されているので、大工の作業効率が向上することで、人件費の削減も実現しています。

また、間取りを可能な限りシンプルにして部屋やドア、窓、照明などの数を減らす、キッチンやお風呂などの設備のグレードを下げるといった工夫もなされています。加えて、大規模な宣伝を行わないことで宣伝広告費を削減したり、自社で販売を行わずに不動産会社に委託することで販売にかかる費用を削減したりしているハウスメーカーや工務店も少なくありません。

ローコスト住宅のメリット・デメリット

ローコスト住宅の最大のメリットは価格が安いことですが、低価格であるため住宅ローンの負担が軽減されます。加えて、低価格な住宅なので、一般的な注文住宅よりも建替えのハードルが低いというメリットもあります。また、現場での作業がマニュアル化されているため、工期が短いのもメリットのひとつです。

一方で、フルオーダーの注文住宅と比べると自由度が低いというデメリットがあります。ハウスメーカーや工務店によって決められた選択肢の中から、間取りやデザイン、設備などを選ぶ形となるため、家造りに強いこだわりを持っている場合、すべての希望を叶えるのが難しいかもしれません。

また、一般的な注文住宅よりも耐震性・耐火性・耐久性などの性能が劣るケースが多いというデメリットもあります。ローコスト住宅であっても建築基準法に沿って建てられるため、住むのに問題があるわけではありませんが、最低限の水準の性能となっているケースもあるので注意しましょう。

さらに、保証が不充分なことがあるのもデメリットのひとつです。新築住宅の場合、法律によって柱や屋根などの住宅の基礎となる部分や、雨水の浸入を防止する部分については、10年間の保証を付けることが定められていますが、大手ハウスメーカーでは45年や60年の保証期間を設けているのが一般的です。

山口のハウスメーカーや工務店によっては、ローコスト住宅であっても比較的長い期間の保証を付けているケースもありますが、大手ハウスメーカーと比べると保証期間は短い傾向があります。

 

ローコスト住宅は、一般的な注文住宅よりも大幅に安い価格で建てることが可能です。しかし、安く建てられるからいって品質が粗悪というわけではなく、材料費や人件費などを徹底的にカットすることで低価格を実現しています。一方で、間取りや設備の自由度が低いといったデメリットがあります。そのため、山口でローコスト住宅を建てる際は、価格などのメリットだけでなくデメリットについても充分に理解しておくことが大切です。

【山口】注文住宅業者ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名タナカホームズファーストホームタマホームエルクホームズいえとち本舗イエテラス
特徴完全注文住宅からローコスト住宅まで、自分の予算と理想にあった住まいづくりを提供山口県内での家づくりに特化することで、予算内で自由度の高い住まいづくりを実現「タマストラクチャー」という独自の流通システムで国産材を低コストで扱い、林業活性化にも貢献要望を⼀邸⼀邸実現していく「邸別自由設計」を、100%自社設計で提供無理のないローンで「頑張らないで家を持ち、住まいを持って豊かな生活を送る」を実現
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索